民医連新聞

2019年10月8日

社会的使命で 経営を守る 医科法人理事長・院長経営セミナー

 8月31日~9月1日、東京で第4回医科法人理事長・院長経営セミナーを開催し、32県連57法人から81人の理事長、院長らが参加しました。1日目前半は、下関市立大学経済学部教授の川野祐二さんが「非営利組織のマネジメント・ガバナンス」と題して講演し、非営利組織の究極の目標としての『ミッション(社会的使命)』を達成するため、「何を」「なぜ」するのかを明確にすることや、「権限と責任」を一致させることの重要性を話しました。
 後半は、顧問公認会計士の田中淑寛さんが、「中長期経営計画のポイント~財務諸表の見方に触れながら~」と題し講演。中長期経営計画を物差しに、見通しを持って経営を遂行することの重要性を指摘しました。その後、参加者は中長期経営計画(簡略版)の作成にとりくみました。
 2日目は宮城厚生協会、群馬・北毛病院、東京・立川相互病院、大分健生病院の各理事長、院長が指定報告。グループで理事長、院長としての経営戦略や問題意識を交流しました。

(全日本民医連経営部 是枝清一)

(民医連新聞 第1701号 2019年10月7日)

リング1この記事を見た人はこんな記事も見ています。


お役立コンテンツ

▲ページTOPへ