MIN-IRENトピックス

2020年1月10日

レッツ体操 転倒予防のための 太もも&お尻の体操

 「かえつメディカルフィットネス・ウオーム」のスタッフが、身体と脳に効く体操を紹介。今回は太ももとお尻の筋肉をほぐしたり、鍛えたりする体操です。降雪や地面の凍結による転倒に注意が必要な季節になりました。積極的に身体を動かし、下半身の中でも大きな筋肉である太ももとお尻の筋肉を鍛えて、転倒を予防しましょう。

1 スクワット 太もも&お尻の筋トレ(1)

(1)足を肩幅と同じくらいに開き、両手は前へ伸ばす。
(2)イスに腰かけるイメージで、4つカウントしながらお尻を引きつつ膝を曲げて身体の重心を下げる。
(3)4つカウントしながら、ゆっくりと(1)の姿勢に戻る(10回を1~3セット)。

●ポイント
・背中が丸くならないように気をつける
・(2)の時に膝がつま先より前に出すぎないように行う
・息をとめずに、数を数えながら行う

2 サイドランジ 太もも&お尻の筋トレ(2)

(1)足を肩幅と同じくらいに開き、両手を腰に当てる。
(2)左足を大きく横へ踏み出す。
(3)左足に体重をかけ、4つカウントしながら膝を曲げて身体の重心を下げる。
(4)4つカウントしながら、ゆっくりと(1)の姿勢に戻る(10回を1~3セット)。
※右側も同じように行う

●ポイント
・膝を曲げる角度は浅くてもOK
・上半身が前に倒れないように気をつける
・息をとめずに、数を数えながら行う

3 太ももの前のストレッチ

(1)右手を壁につけて立つ。
(2)左手で左足(またはズボンの裾など)をつかむ。
(3)かかとをお尻に近づけるイメージで左足を持ち上げる(10秒間を1~3セット)。
※右足も同じように行う

4 脳トレ~足踏みカウント

数を声に出してカウントしながら、30回足踏みをする。
・2の倍数で手をたたく(レベル★)
・3の倍数で手をたたく(レベル★★)
・3と5の倍数で手をたたく(レベル★★★)

(執筆)かえつメディカルフィットネス ウオーム
古川 理志、池尻 真希子、高橋 良太、中野 沙紀、高橋 博幸

は今月号の執筆担当者です
2019年9月初旬、新潟勤労者医療協会「かえつクリニック」の新築移転に伴い、「ウオーム」もリニューアルオープンしました。クリニックは診療体制の拡充をはかり、地域における慢性疾患のサポート体制強化を目指します。ウオームは運動機器の増設、室内ウオーキングコースの設置、心拍管理システムの導入など、より安心・安全に配慮した環境下で疾患の改善・予防や健康づくりのための運動をサポートします。今後もクリニックと密に連携をはかりながら、共同組織の地域活動や行政からの委託事業などHPH活動にも積極的に取り組みます。

所在地:新潟市秋葉区新津東町3-4-28
TEL:0250-21-2566  FAX:0250-22-5889

いつでも元気 2020.1 No.339

リング1この記事を見た人はこんな記事も見ています。


お役立コンテンツ

▲ページTOPへ