民医連新聞

2021年6月8日

負担増で治療困難 2倍化法案必ず廃案に

 5月20日、高齢者医療費2倍化法案の廃案を求める集会が、医療団体連絡会、中央社保協などが主催して、衆議院第1議員会館で開催されました。全国保団連会長の住江憲勇さんは「医療費の負担増は受診控えにつながり、早期発見、診断、治療を困難にする。コロナ禍で生活が困難ななか、負担増は許されない」と開会あいさつ。参加者から、「負担増になれば検査や受診を減らす」「年金が減るなかでの医療費の負担増は耐えられない」などの訴えがありました。各地の保険医協会の医師らがオンライン参加し、「患者に必要な治療が困難になる。廃案に追い込もう」と呼びかけました。日本共産党、立憲民主党の議員があいさつし、約3万7000筆の署名を受け取り、累計は約104万6000筆になりました。
 また、同日、国民のいのちを守るため、医療・介護・福祉の拡充を求める「いのち署名」約20万筆を国会に提出。累計で65万筆になりました。全労連議長の小畑雅子さんは、「コロナ禍で病床削減をやめ、公的公立病院の統廃合や地域医療構想を見直し、医療体制の拡充が求められている」と訴えました。

(民医連新聞 第1738号 2021年6月7日)

リング1この記事を見た人はこんな記事も見ています。


お役立コンテンツ

▲ページTOPへ