いつでも元気

2019年4月30日

レッツ体操 
おしり周りとウオーキング

 「かえつメディカルフィットネス・ウオーム」のスタッフが、身体と脳に効く体操を紹介。今回はおしり周りを鍛える体操です。おしりの筋肉は歩行時に身体の体重を受け止め、コントロールする役割を担っています。おしり周りを鍛えるウオーキングの基本についても学びましょう。

おしりのストレッチ

(1)仰向けになって右膝を立て、左足は伸ばす。
(2)右膝を両手で抱え、胸のほうへ引き寄せる。これを10秒間ずつ1~2回行う。
※左足も同じように行う

おしり全体の筋トレ

(1)両手を壁につけて右足を後ろに一歩下げ、つま先を床につける。
(2)右膝はできるだけ伸ばしたままで、右足のつま先を床からわずかに浮かせたままにする。これを10秒間ずつ1~2回行う。
※左足も同じように行う

おしりの横側の筋トレ

(1)両手を壁につけて右足を斜め後方に一歩下げ、つま先を床につける。
(2)右膝はできるだけ伸ばしたままで、右足のつま先を床からわずかに浮かせたままにする。これを10秒間ずつ1~2回行う。
※左足も同じように行う

ウオーキングの基本

(1)目線を上げる⇒姿勢の維持に効果的
(2)肘は軽く曲げ、後ろに引いて自然に戻す⇒肩甲骨周りの筋肉をたくさん使い、エネルギーを消費
(3)かかとからやわらかく着地する⇒踏み込んだ際におしりの筋肉で身体を安定させる

(執筆)かえつメディカルフィットネス ウオーム
古川 理志、池尻 真希子、高橋 良太、中野 沙紀、高橋 博幸
は今月号の執筆担当者です

併設する新潟勤労者医療協会「かえつクリニック」の医師、看護師と運動指導の専門家である健康運動指導士、フィットネスインストラクターが共同で疾患の予防・改善、健康づくりのための運動を提供しています。 また、周辺地域における健康づくりの拠点施設として、介護予防教室、健康セミナー、講演会など行政からの委託事業やHPH活動にも積極的に取り組んでいます。

所在地:新潟市秋葉区田家2-1-30
TEL:0250-21-2566  FAX:0250-22-5889

いつでも元気 2019.5 No.331

リング1この記事を見た人はこんな記事も見ています。


お役立コンテンツ

▲ページTOPへ