MIN-IRENトピックス

2020年12月29日

レッツ体操 
免疫力アップにおすすめな体操

執筆 かえつメディカルフィットネスウオーム(新潟市) 池尻 真希子

 免疫力を高めてウイルスなどから身体を守るために、適度な運動を習慣づけることが大切です。身体全体の筋肉を動かすことによって体温が上がり、血行がよくなって全身に酸素や栄養素が行き届きます。少し汗ばむ程度の運動に挑戦してみましょう!

インターネットで「いつでも元気 レッツ体操」と検索すれば、過去の誌面や全国のレッツ体操を使った取り組みを見ることができます。共同組織や事業所の活動で誌面を使用する場合、編集部への連絡は不要です。ご自由にお使いください。

1 じゃんけん足踏み(有酸素運動+脳トレ)

【基本動作】
肘を軽く曲げ、後ろに引くように腕を振りながら、その場で30歩足踏みをする。
【脳トレ】
基本動作をしながら両手でじゃんけんをし、前にある手が常に勝っているようにする。
・常に「前にある手をパー、後ろにある手をグーにする」(レベル★)
・常に「前にある手をチョキ、後ろにある手をパーにする」(レベル★★)
・常に「前にある手をグー、後ろにある手をチョキにする」(レベル★★★)

●ポイント
・いすに座って行ってもOK!

2 壁腕立て伏せ(胸の筋トレ)

(1)足を肩幅に開き、両手を肩幅より少し広めにして壁につく。
(2)胸を壁に近づけるように肘を曲げる(往復10回×2~3セット)。

●ポイント
・背筋を伸ばし、頭から足まで一直線に保つ
・足の位置は、壁から離れるほど負荷が上がる

3 足閉じトレーニング(ももの内側の筋トレ)

(1)いすに浅めに腰かけ、膝を直角にして背筋を伸ばす。
(2)両足のかかと、膝、ももをピタッと合わせ、それぞれ内側へ押し合うように力を入れる(10秒×2~3セット)。

●ポイント
・膝の間にタオルを挟んで行ってもOK!
・数を数えながら行う

4 足開きトレーニング(ももの外側の筋トレ)

(1)いすに浅めに腰かけ、膝を直角にして背筋を伸ばす。
(2)身体を少し前傾させて足をこぶし1つぶん開き、両手を膝の外側に添える。
(3)足は外側へ開くように、手は足が開かないように、それぞれ押し合い力を入れる(10秒×2~3セット)。

●ポイント
・数を数えながら行う

いつでも元気 2021.1 No.350

リング1この記事を見た人はこんな記事も見ています。


お役立コンテンツ

▲ページTOPへ