いつでも元気

2021年6月30日

レッツ体操 
姿勢改善のストレッチ&トレーニング

講師 メディカルフィットネス スマイル(福岡市) 永田 晃一

 姿勢をよくする上で、胸椎(背骨の上半分)はとても重要です。猫背の姿勢を続けると、肩こりや腰痛の原因になります。胸椎を動かして、姿勢をよくする運動をご紹介します。

1 胸椎回旋運動

(1)体の左側を下にして横になり、背筋をまっすぐに伸ばす。
(2)胸の前に両手を伸ばして、手のひらを合わせる。
(3)右腕を水平に後ろへ回し、胸をしっかり開く。
◎10回×2セット
※反対側も同じように行う

●ポイント
・(3)の際に、右腕を動かしながら右手の指先を目で追う
・ゆっくり大きく動かし、背中を丸くしないように

2 胸椎伸展運動

(1)いすに浅めに座り、脚を腰幅に開く。
(2)肘を膝の上に置き、おへそをのぞき込むように背中を丸くする(息を吐く)。
(3)肘を膝から離さずに、胸を前へ突き出すように背中を反る(息を吸う)。
◎10回×1セット

●ポイント
・ゆっくり大きく動かす

3 伸展+回旋運動

(1)いすに浅めに座る。
(2)左手で右の手首をつかみ、斜め右へ前かがみになる(息を吐く)。
(3)左手で右の手首を左斜め上へ引っ張りながら、上半身を後ろへ反らす(息を吸う)。
◎10回×2セット
※反対側も同じように行う

●ポイント
・(3)の際に上半身全体を後ろへ反らすようなイメージで
・勢いで動かさず、ゆっくり動かす

4 脳トレ「指揮者」

〈ステップ1〉
スタートの姿勢からリズムよく右手を縦に上げ下げしながら、左手は横に水平に動かす
◎10回×1セット
※反対側も同じように行う

〈ステップ2〉
スタートの姿勢からリズムよく右手を縦に上げ下げしながら、左手で三角形を描く
◎10回×1セット
※反対側も同じように行う

いつでも元気 2021.7 No.356

リング1この記事を見た人はこんな記事も見ています。


お役立コンテンツ

▲ページTOPへ