MIN-IRENトピックス

2017年12月6日

【新連載】36.ガベキサートメシル酸塩による重篤な静脈炎、皮膚潰瘍について

ガベキサートメシル酸塩(エフオーワイなど)、ナファモスタットメシル酸塩(フサンなど)

 ガベキサートメシル酸塩(エフオーワイなど)は、急性膵炎やDIC(汎発性血管内血液凝固症候群)に用いられますが、DICへの使用では投与量が多く、24時間持続点滴となるため、細胞毒性による静脈炎、硬結、皮膚潰瘍・壊死には特に注意が必要です。中心静脈投与が原則ですが、末梢血管から投与する場合の濃度として0.2%以下(本剤100mgあたり50ml以上の輸液)を徹底するよう、日本医療機能評価機構からも2009年と2013年に注意喚起されています。急性膵炎で使用する場合の濃度は、添付文書記載の用法では0.02%となります。

<症例> 60歳代女性 胃癌OPE後、胆嚢摘出も行ったため膵炎予防として本剤600mg/日投与。
4日目、末梢部位より点滴もれあり、中心静脈へ変更。 9日で投与は終了。
投与終了後8日目に手の腫脹、18日目に手甲に血管炎発現。26日目回復。
(希釈濃度は適正であった)

 この症例のように、投与中に症状がなくても、投与終了後数週間を経ての発現もあります。
また、注射速度が速い場合血圧低下の可能性があるため、毎時2.5mg/kg以下の速度が望ましいとされています。

 類薬で、透析時の血液凝固阻止の適応があるナファモスタットメシル酸塩(フサンなど)についても、DICへの使用で血管炎の報告がありました。この症例では添付文書指示では、1日量100mgを5%ブドウ糖1000mlへ希釈するところを、500mlでの希釈による投与でした。薬剤師は疑義照会後、病棟看護師に副作用の可能性について申し送りをしており、2日後血管炎が発現しましたが、直ちに中止し改善しています。

 この2品目について、全日本民医連へ報告されているその他副作用は、
 ①ガベキサートメシル酸塩:血小板減少症1例、薬疹4例
 ②ナファモスタットメシル酸塩:ショック2例、アナフィラキシー1例、アレルギー1例、薬剤性肝障害1例、好酸球増多1例、悪寒・嘔吐1例でした。

■画像提供 山梨民医連
http://www.yamanashi-min.jp/2016_yakuzaishi-bosyu/HTML5/pc.html#/page/1

■副作用モニター情報履歴一覧
http://www.min-iren.gr.jp/ikei-gakusei/yakugaku/zy1/k02_fukusayou/

■「いつでも元気」くすりの話し一覧
http://www.min-iren.gr.jp/?cat=26

■薬学生の部屋
https://www.min-iren.gr.jp/ikei-gakusei/yakugaku/index.html

**【薬の副作用から見える医療課題】**

 全日本民医連では、加盟する約650の医療機関や352の保険薬局からのデータ提供等を背景に、医薬品の副作用モニターや新薬評価を行い、およそ40年前から「民医連新聞」紙上(毎月2回)などで内外に情報発信を行っております。

<【薬の副作用から見える医療課題】掲載済み>
  1.民医連の副作用モニターとは~患者に二度と同じ副作用を起こさないために~
  2.アルツハイマー治療薬の注意すべき副作用
  3.味覚異常・聴覚異常に注意すべき薬剤
  4.睡眠剤の注意すべき副作用
  5.抗けいれん薬の注意すべき副作用
  6.非ステロイド鎮痛消炎剤の注意すべき副作用
  7.疼痛管理に使用する薬剤の注意点
  8.抗パーキンソン薬の副作用
  9.抗精神薬などの注意すべき副作用
  10.抗うつ薬の注意すべき副作用
  11.コリン作動性薬剤(副交感神経興奮薬)の副作用
  12.点眼剤の副作用
  13.消化器系薬剤の様々な副作用
  14.ジゴキシン(強心剤)の注意すべき副作用
  15.抗不整脈薬の副作用
  16.降圧剤の副作用の注意点
  17.トリプタン系薬剤(片頭痛治療薬)の副作用について
  18.脂質異常症治療薬の副作用について
  19.喘息及び慢性閉塞性肺疾患治療薬の副作用
  20.潰瘍性大腸炎治療薬の副作用
  21.抗甲状腺ホルモン剤チアマゾールによる顆粒球減少症の重症例
  22.過活動膀胱治療薬の副作用
  23.産婦人科用剤の副作用
  24.輸液の副作用
  25.鉄剤の注意すべき副作用
  26.ヘパリン起因性血小板減少症
  27.高尿酸血症治療薬の注意すべき副作用
  28.糖尿病用薬剤の副作用 その1
  29.糖尿病用薬剤の副作用 その2
  30.糖尿病用薬剤の副作用 その3
  31.抗リウマチ薬「DMARDs」の副作用
  32. ATP注の注意すべき副作用
  33. 抗がん剤の副作用
  34. 医薬品によるアナフィラキシー
  35.重篤な皮膚症状を引き起こす薬剤
  36.ガベキサートメシル酸塩による重篤な静脈炎、皮膚潰瘍について

  ■掲載過去履歴一覧
  http://www.min-iren.gr.jp/?cat=28
<!– <【薬の副作用から見える医療課題】続報〔予告〕>
  37.間質性肺炎を引き起こす薬剤(漢方薬を除く)

以下、60まで連載予定です。

–>

お役立コンテンツ

▲ページTOPへ